話すことは歌舞伎町の風俗の求人には書いていないけれど実は大事なこと

風俗ではエッチなサービスをすることが常識です。しかし、それ以上に男性の心の闇を支える役割も風俗の求人では書かれていませんが求められていることも又事実です。

■現代の寂しい男性
仕事や勉強で現代の男性は、外見以上に様々なストレスを抱えています。昔ならばそういうストレスを支えてくれる女性が必ずいたものですが、人間関係が希薄になる現代そういうことも少なくなってきました。それゆえ、心の隙間を埋めたいという需要があり風俗もそのような隙間の中でうまく成り立っているのです。

■性的なサービスはもちろん
男性が風俗に求めることは第一義的には性的なサービスです。もちろん風俗の求人においても、そのようなことをきちんとこなしてくれる女性を募集しているわけですから男性に対する性的なサービスを研修制度で学んでもらうようにしているのです。

■話をすることが求められる
しかし、男性の中には女性と話をしたいという理由で風俗を申込むと言うことがあります。行ったはいいものの、話をしなければならないというお客様の場合もあるでしょう。「私は性的なことをしに来ただけであるにもかかわらず、なぜこの人の身の上話を聞かなければならないのだろうか」と不満に思われる方もいらっしゃるかも知れません。

でも風俗の二次的なサービスには、男性が話を聞いてもらいたいと言うこともあるのですよ。

■働くということってどういうこと
風俗は仕事の一つです。そこで働くからこそお金をもらえて、毎月の生活費なり遊興費に充てていくことが出来ます。働くと言うことはどういうことなのだろうかと言うことを頭の中で考えなくとも、何となく話をすることだってサービスの一つだと思われるでしょう。